セザンヌとルーベンス摸写

名画の摸写を

比較します。どっちが力があるか?迫力はどうか?

セザンヌとルーベンス摸写

セザンヌの絵は色彩が派手に見えます。

ルーベンスの裸婦は

軽い絵に見えます。もっと実際は重厚で動きが

凄いです。写真では伝わりません。撮影が悪いのです。

名画の摸写作品 フェルメール作 手紙を読む女、青衣の女

名画の摸写作品 フェルメール作、青衣の女です。

名画の摸写作品 フェルメール
名画の摸写作品 フェルメール 青衣の女 F8 キャンバスに油彩

名画の摸写が、かなり仕上がってきました。フェルメールの細かさを観察しながら描いています。

 

ベラスケスのマルガリータ・テレサ嬢の摸写

ベラスケスの摸写の背景の描きこみの難しさ

ベラスケスのマルガリータ・テレサ嬢の摸写
ベラスケスのマルガリータ・テレサ嬢の摸写 F50 油彩

マルガリータ・テレサ嬢の摸写は、背景の暗い家具の配置がむずかしいです。

銀色っぽい置物や、引き出しも暗いので、はっきり描けません。

そもそも壁がどうなっているのか、人物の右側の壁は曖昧に見えます。

ベラスケスが何を考えていたのか?色々と想像するしかありません。

摸写は、描けば描くほど難しいのです。

ルーベンスとベラスケスの摸写

ルーベンスとベラスケスの摸写です。

ルーベンスとベラスケスの摸写
ルーベンスとベラスケスの摸写

どちらも描きこみが進んでいます。

誰か買ってくれないでしょうか? F50号のベラスケスのマルガリータ・テレサ嬢の摸写とS30号サイズにしたルーベンスのレウキッポスの娘たちの掠奪です。

油彩、キャンバスです。

具体美術協会の田中敦子のエネルギー

具体美術協会の田中敦子の絵画作品

田中敦子 作品
田中敦子 作品

日本の前衛美術の具体美術協会の田中敦子は、個性が強い作品で圧倒されます。

1954年にひょうご県芦屋市に誕生した具体美術協会。そのメンバーとして強烈な個性の中で、田中敦子の作品は、今も十分なインパクトのがあると感じます。

田中敦子 作品
田中敦子 作品

丸い形と曲線が絡み合い、濃厚な表現で迫ってくる作品である。

色は昭和の臭いを感じるけれど、表現の強烈さは、時代を超えた力強さを感じます。

田中敦子 作品
田中敦子 作品
見ていると、まるで電機の配線のコードのように見える。
機械的な電気コードの赤や黄色の色と、コードの絡み合うくねくねした様子が、濃厚な生命力を感じるのです。
田中敦子 作品
田中敦子 作品

田中敦子は電気服が有名で、そのインパクトはすごいですが、絵画もパワーを十分感じさせます。

田中敦子 絵画作品
田中敦子 絵画作品
田中敦子 電気服 1956
田中敦子 電気服 1956
田中敦子 電気服 1956
田中敦子 電気服 1956
田中敦子 絵画作品
田中敦子 絵画作品

白髪一雄 足で描く絵 具体美術協会

白髪一雄は、1960年代の関西の具体美術協会のメンバーでした。足で描く絵が強烈です。

白髪一雄 作品
白髪一雄 作品 1960年代

具体美術協会は、関西を中心に集まった前衛美術グループで、吉原治良をリーダーとして、「誰もやったことがない美術をやる」というコンセプトで作品を発表しました。

白髪一雄 絵画
白髪一雄 絵画
吉原治良 作品
吉原治良 作品
田中敦子 電気服
田中敦子 電気服 1957

田中敦子の電気服がインパクトがありました。電気に感電するんじゃないか?という恐怖があります。

過激な作品が発表されて、具体美術協会は関西の前衛集団として今でも評価が高いです。

田中敦子 電気服
田中敦子 電気服 1956
白髪一雄 「超現代三番
白髪一雄のパフォーマンス1957年 
白髪一雄の作品
白髪一雄の作品
白髪一雄の作品は絵の具を床のキャンバスに落とし、天井からつるした紐につかまって、足で絵の具を蹴散らして描いたものです。
白髪一雄の制作写真
白髪一雄の制作写真
白髪一雄の制作風景
白髪一雄の制作風景

白髪一雄の制作風景が、インパクトがあり、作品よりもパフォーマンスとしてユニークでした。

テレビで見た時の驚きは、凄かったです。

絵の具の塊を床にボトッと落とすのです。何色か落として、天井からつるした紐につかまります。

そしてはだしの足で、絵の具を蹴散らし、激しい絵の具の抽象画面が完成します。

書道のような、一瞬の足の滑り具合で筆のようなタッチが出来ます。
白髪一雄の作品
白髪一雄の作品

足で描いたものなので、絵の具が盛り上がっていて荒々しさがあります。

 

元永定正の作品
元永定正の作品

以前に元永定正の作品の、灼熱の太陽の光に挑戦する作品を紹介しました。

具体美術協会は関西のユニークな団体だったので、今でも海外から高く評価されています。

白髪一雄の作品も、足で描くパフォーマンスで有名になったのでした。

名画の摸写 ルーベンスの模写の進み具合

名画の摸写 ルーベンスの作品の摸写 レウキッポスの娘たちの掠奪

ルーベンスの摸写
ルーベンスの摸写 レウキッポスの娘たちの掠奪

ルーベンスの摸写は、順調です。

向かって左の天使の顔を描きました。茶色の馬の脚のひずめも立体感を出しました。

後は、左側の空の空間と、馬の立体感を描きこんでいきます。

人間と馬の重なり具合が上手く塊、として見えてくることが大事だと思います。

東京の魅力の凝縮、スカイツリー

東京の魅力は、

今だにスカイツリーに象徴されていると感じます。

東京スカイツリー
東京スカイツリー

東京の現代的な魅力は、やっぱりスカイツリーが表現していると感じざるをえません。

東京スカイツリー
東京スカイツリー

634メートルという圧倒的な高さと現代的な洗礼されたデザインは、やはり最先端のシンボルであり、日本の技術の象徴として誇らしい存在です。

東京のどこからでも見えるので、シンボルタワーとしてしっかりと存在感を出しています。

スカイツリーが見えると、誇らしい気分になり、日本の最先端技術を実感するのです。

夜になれば、毎日照明の色が変わり、変化を見せてくれます。

都民の一つの象徴になっているのです。

かっこいいのです。

東京スカイツリー
東京スカイツリー
スカイツリーからの眺め
スカイツリーからの眺め

交通の手段は今や、東海道新幹線はリニアモーターカーに変わろうとしている時代になりました。

地方創生などと言われ、博多や札幌など若者に人気の都市もあります。

それでも、尚東京がやっぱり日本の中心なのは変わりません。一度は東京の暮らしを体験してみたい魅力のある都会です。

東京スカイツリー
東京スカイツリー

大阪や福岡、札幌など魅力的な都市はありますが、最先端のものがこれだけ集まっているのは東京しかありません。

東京スカイツリー
東京スカイツリー

その東京の象徴がスカイツリーであり、カッコイイ写真がたくさんあります。

東京の絵になる風景というとスカイツリーがまず、浮かんできます。

東京スカイツリー
東京スカイツリー

特に夜の写真がかっこいいのは、東京のビジネスの街の、人間の数の多さの象徴として見ているからでしょう。

東京タワーもかっこいいですが、東京スカイツリーは工業技術の集大成のシンボルとして今も存在感十分な建物なのだと思います。

東京スカイツリー
東京スカイツリー