神戸の喫茶店の雰囲気を重視の姿勢

神戸の喫茶店は雰囲気を重視していると感じる。

にしむら珈琲 北野坂店
にしむら珈琲 北野坂店

神戸は港町なので、横浜に似ていて異国的な雰囲気があります。貿易港という立地がそうさせます。

にしむら珈琲 北野坂店
にしむら珈琲 北野坂店

優雅で、旅行気分がして、おっとりしています。ただし、関西弁なので、やはり横浜とはニュアンスが違います。

大阪商人の雰囲気も関西弁に感じさせます。

にしむら珈琲は、神戸の代表的喫茶店で、北野坂店の高級なコース料理がある店の雰囲気は独特です。中山手本店の歴史的伝統。三宮駅前店の利便性とビジネス感など、場所によって特徴を出しています。

にしむら珈琲 三宮店
にしむら珈琲 三宮店

コーヒーの味は基本的にすっきりした味で、飲みやすいコーヒーです。

他には神戸の喫茶店のこだわりで気が付くのは、コーヒーカップの高級感です。貿易港なので、外国製のコーヒーカップがたくさんあり、飾られている喫茶店もあります。

東京の優雅な喫茶店とは港町の優雅さという点で異なっていて、ゆったりした時間を常に感じさせます。東京のように時間に追われる感じがありません。

横浜にも似た、外国とのつながりと、舟や海が見えたり、常に港町を感じます。
けんもつ珈琲
けんもつ珈琲

横浜よりも、優雅な意識が強い感じがします。横浜も港町なのですが、東京の仕事の最先端に近い、せせこましさがと忙しさを感じます。

私が関東から神戸に旅行で訪れているので、より優雅に感じるんだと思います。

スターバックスの三宮店も関東の店とは違い、パンケーキがより軽く感じました。

店内も関東より洗練されていたように感じられたのです。

スターバックス三宮店
スタバ三宮店
スタバ三宮店 キッチン
スタバ三宮店 キッチン

店内の会話は関西弁で、ビジネスの話をしていましたが、店の店員の雰囲気が関東よりも好きでした。

優雅な感じがしたのです。

パンケーキも神戸のパンのようによりサクサクで、関東のスフレパンケーキよりおいしかったのです。

にしむら珈琲 中山手本店
にしむら珈琲 中山手本店

神戸の北野坂のオシャレな異人館のある坂は、横浜の山手に似ています。横浜の方が、道が曲がっていて複雑です。

神戸は道が分かり易いです。

関東の武士の街と、関西の公家と商人の町の違いを感じます。単純と複雑の違いが面白いのです。武士の守りの硬さからくる道の複雑さとでもいうのでしょうか?

中山手店のホットケーキ
中山手店だけのオリジナルホットケーキ

 

神戸元町サントス ホットケーキの喫茶店

神戸の喫茶店、元町サントスはサービス精神が高く、ホットケーキが上手い。

サントスのホットケーキ
サントスのホットケーキ

全体的に神戸の喫茶店は関東に比べて愛想が良い。

古い喫茶店は長く営業しているのは、経営努力の賜物だと感じる。

値段にうるさい関西の商業は、店の独自性も関東より高いと思う。 値段と味のコストパフォーマンスが高い喫茶店は、関西が上だと思う。

神戸の喫茶店、元町サントスはその筆頭に挙げられる。

古い店だが、関東の様に古臭くならない内装。サービスも若々しい。 店内を何度もリニューアルしているに違いない。 そして、商売人としてのプロ意識が高い。 生き残りが厳しい業界だと感じる。

サントスは元町駅からすぐの距離にあり、場所も商店街通りで分りやすい。

ホットケーキはフワフワで、軽い食感。 関東のような重い食感がない。

胃にもたれないのがうれしい。 繁盛しているので店に活気がある。

もちろんコーヒーもおいしい。 神戸のパンはそもそも食感が軽く、食べやすい。 クロワッサンのような軽さがある。

同じチェーン店でも、関東の店より店の努力が感じられる。 味に手抜きがないのだ。 これは関西に共通した特徴だと思う。 値段と量が相応で、不満を感じさせない。 関東はおいしいと値段が高すぎる。 経営努力は関西を見習ってほしいと思う。

神戸のジャズカフェ ジャム・ジャム

神戸の元町のジャズ喫茶はジャムジャムJam・Jamがある。

JAMJAM
jam jam

地下1Fにあり、すごい音量が地上1階からでも漏れていて、場所がすぐわかる。

かなり広い喫茶店で、カフェのようなおしゃれでアジア風の感じの内装である。

音量が大きいので、会話するのにはあまり向いていないと思う。

シフォンケーキがあり、ジャズ喫茶らしからぬ感じもする。

ピザがメニューにあったりする。

空間がたっぷりあり、解放感がある。

広くておしゃれなカフェという雰囲気だ。いい意味で神戸らしい軽い感じの喫茶店だ。しかし、音量はでかい。

 

 

神戸元町のオリエンタルホテルは神戸らしい派手さ 

 

神戸のオシャレを感じたのは、元町のオリエンタルホテルに泊まった時だった。

神戸オリエンタルホテル
神戸オリエンタルホテル

横浜に似た街並み、古い昭和を感じるレトロなデザインのビル群の中にある。

場所が元町という神戸きってのオシャレ街だったので、期待したが、オリエンタルホテルの内装は良くて感激した。壁の模様が、なんとも神戸らしい派手で大胆な模様だった。

東京では考えられないハデなデザイン模様だった。

基本の壁の色が黄緑色で、茶色の模様が大胆なデザインで施されていた。
バスタブがなく、シャワーのみだったのが残念だったが、派手な壁模様で、すっかり神戸の気分を味わえた。

アメニティも同じように大胆なデザインと色で女子は絶対喜ぶグッズだった。もちろんいい香りのコンディショナーとシャンプーだった。上品な臭いだった。夕食は外で食べたので、ホテルの夕食が味わえなかったのが悔やまれる。

きっと神戸牛の料理だっただろう。春だったので、神戸のラーメン屋やジャズ喫茶に行って、神戸牛などは食べなかった。しかし、喫茶店はホットケーキのおいしいモトマチ珈琲に行けたし、買ったパンも軽くてサクサクしておいしかった。東京より軽い歯ごたえで、代わりに濃厚な甘みがあり、しかもスッキリしたパンだった。

どのパンもおいしかった。コーヒーはあまり濃厚ではなく、スッキリしていて、少し味が物足りなかった。しかし、三宮の喫茶店もみんな洗練されていて、東京の真面目さ、不器用さがなかった。器用な経営をしていて、スマートだった。

ラーメンは京都のラーメンがイマイチだった。あまりに甘みのある醤油ラーメンで物足りなかった。もっと塩気が欲しかった。

でもオリエンタルホテルは素晴らしかった。また行きたいホテルである。

神戸は喫茶店とパンとケーキの街

神戸
神戸

コーヒー、パン、ケーキ好きには神戸はピッタリな街だ。

パンの店がたくさんあるし、ケーキ屋もいっぱいある。当然コーヒーが似合うのだ。

神戸の朝食はパンとコーヒーが似合う。

喫茶店でパンをチョイスして、コーヒー又は紅茶を飲むサラリーマンをよく見かけた。

パンもサクサクしていて軽く、胃にもたれない。

しかもバターをよく使うのでコクがある。コッペパンでも、どこかバターの香りがする。

喫茶店がやたら多い。かなりの競争だと思う。しのぎを削って各店がメニューにパンに工夫している。

オシャレなケーキ屋がとても似合う街なのだ。

OLやスーツの男がキザに見えない。もちろん関西弁なのでキザに見えるわけないけれど、、、

パン屋もいろんなパンを工夫して作っており、店独自の名物パンがある。

とにかく洗練された街の印象だった。