「南京の基督」と「魔術」の芥川の夢の技法

芥川文学のなかで、私は奇妙な話が好きなのですが、「南京の基督」と「魔術」、「アグニの神」のような奇妙な内容の作品に特に惹かれます。

芥川龍之介
芥川龍之介

「南京の基督」は、中国の少女が基督との売春によって、自分の病気が治り、代わりにキリストが病気を移される話、

「魔術」はインドの魔術を手に入れたい日本人の欲望と、それを手に入れるには、欲望を捨てなければならないという魔術を手に入れる難しさを描いた作品です。

魔術を手に入れるために夢の中で、罠にかかり、賭けをする夢を見て、金の欲望に掛かり、インドの友人から結局、魔術を教えてもらえない話です。

どちらも夢の世界が話の途中から入り、それに気づかずに読んでしまう芥川のテクニックにはまります。

「南京の基督」はキリストに会ったのはまぼろしで、実は日本人の別人なのです、それを中国の少女がキリストだと勘違いする夢を見て、夢から目覚めると、病気は治っていたのですが、キリストではない、ただの人が、病気を移されて、発狂してしまったという現実をその少女は知らずに、キリストに感謝して生活しているのです。

楽観的な少女の影で、梅毒を移されてくるってしまった人を知らない少女の平和さと、残酷な病気を移された男のギャプのある話です。

「魔術」は日本の青年がインドの友人が魔術をできるのを知り、それを見せてもらい、自分も魔術を手に入れたくなる欲望の醜さを描いています。

超能力を手に入れても、欲望を捨て去れば、魔術を使って自分の膨らむ欲望を押し広げられないというギャップ。

芥川の人間の弱さを描いていて、そのクールな人間観に惹かれます。

気取っていても、現実の欲望は人間は我慢できない弱さを描いているところが芥川の好きなところです。

芥川自身が、人間の醜さをいやというほど見てきたからでしょう。

「蜘蛛の糸」や「芋粥」、「杜子春」など、初めの願望からその願望が変わり果ててしまう残酷さを芥川は好んで小説に描いています。

その人間不信の心理が、巧みに文学のストーリーに組み立てられ、短編で表現されています。

長くないのが芥川のいいところだと思います。

梶井基次郎もそうですが、短編に凝縮して無駄なフレーズが無いところが好きなのです。

これkらも芥川文学、梶井文学を紹介していきたいです。

 

 

 

 

横浜駅ビルがリニューアルされて、ニューウーマンNEWoMANになりました。

横浜駅ビルがリニューアルされ、NEWoMANニューウーマンになりました。

NEWOMANからの横浜そごう
NEWOMANからの横浜そごう

そごうの後ろに海が見える

横浜駅ビルからの屋上の展望が素晴らしいんです❗️

横浜駅の海も見えるし、西口の人混みを見れます。

ベイブリッジも見えるし、京急の路線、東急路線も見えます。

訪れた日は晴れていて気持ちよく、御昼御飯を食べていました。屋上にコンビニがあり、弁当が買えます。

横浜そごうは、東口しか見えませんでした。

ここは、西口駅前の雑踏も見えるのが、いいです。

やっぱり西口のシンボルの高島屋があり、シェラトンホテルが立派です。

横浜駅西口のシェラトンホテル
横浜駅西口のシェラトンホテル
やっと横浜駅も観光地として落ち着きました。みなとみらい地区もあるし、神戸に十分対抗できるでしょう!
横浜高島屋
西口のシンボル横浜高島屋
西口1階駅ビルのテナント、ティファニー

 

駅ビル通路からJR電車が見えます
駅ビル通路からJR電車が見えます。

色の魅力、ビアンキのチェレステグリーンのブランド力

色によって商品が欲しくなるものは、私の場合、ビアンキの自転車です。

ビアンキの自転車
ビアンキの自転車

この自転車の色は、チェレステグリーンといってイタリアの自転車メーカービアンキがこだわり続ける色なのです。

ビアンキの自転車
ビアンキの自転車

創業してからこのチェレステグリーンにこだわり、時代によって微妙に変化しながら使い続けています。

ビアンキの自転車
ビアンキの自転車

青ではなく、緑という色で、青緑色の微妙なチェレステグリーンににこだわっています。

企業のブランド戦略と言っていいでしょう。

サマンサタバサの女性用のピンク色も同じです。

企業のブランド力を強める色へのこだわりです。

サマンサ・タバサのピンク
サマンサ・タバサのピンク

ビアンキのチェレステグリーンの色の良さは、グリーンという穏やかな色による優しいイメージです。

自転車というスポーツの道具に穏やかな色を使うのは、目づらしいと思います。

ふつうは強いイメージカラーやスピード感の白いイメージや銀色、赤などが使われています。

ビアンキのチェレステグリーンという緑色は、珍しいと思います。

その貴重な存在感が買う人には購買意欲を掻き立てるのです。

少数派のこだわりと言ってもいいでしょう。

時代に流されずに、チェレステグリーンにこだわることによって、ビアンキの自転車は唯一の存在感を持っていると言えます。

デザインにこだわる企業が増えていますが、これも機能重視とは別の商品の価値観の戦略と言っていいでしょう。

サマンサタバサも、ピンクにこだわることで、ブランドの存在感を維持しているのだと感じます。

不景気のときこそ、変わらない企業の強さを求めて安心したいのが人間の弱さだと感じます。

ブランドの戦略は、時代に応じて変化しながらも、守らなければならないものがあるのだと、強く感じます。

日本の企業のユニクロもあのシンプルなデザインをまもりながら、少しづつ変わっているのです。

 

Billsのリコッタパンケーキは、コンセプトで味わう。

Billsのリコッタ・パンケーキは食感が独特で、店のコンセプトが合理主義的だった。

リコッタパンケーキ
リコッタパンケーキ

リコッタパンケーキの食感はモチモチした白パンに近い、軽い食べやすい食感。

中にリコッタチーズが混ざっっていて、微かな香りがした。

柔らかい餅の食感にも似ている。基本はサッパリしていて、好みで甘くできるのがパンケーキの

食感の良さ。

3枚もあるので、お腹がいっぱいになって、他は食べられなかったほど量がある。

バナナが添えてあるのが、朝食の果物の糖分という意味だろう。天然の糖分をとって欲しいという狙いが見える。

朝食の健康なイメージにしてサッパリした味の中に、果物の甘さもある、要するに脳を活性化するメニューのようだ。

オーストラリアのシドニーのオーナーのコンセプトのビジネスマン向けのBillsの食事をしっかり感じさせる。

メニューにハンバーグやサンドイッチがあるのが、ビジネスマン向けであり、時間の無い人向けだと思った。

このBills店は横浜のみなとみらい地区の赤レンガ倉庫店なので、女性向けに店員も若く、観光向けの印象になっている

しかも野菜に凝った店らしく健康志向も忘れない。女性に嬉しい店である。

メニュー表は意外に可愛いデザインで、店の内装がクールな印象だったので、店員のコンセプトで変わるようで、見事にイメージを崩された。

Billsのコンセプトが、朝は朝食のさっぱりした味付けで、夜はディナーのコッテリした要素に変わる感じを受ける。

合理的で健康志向のビジネスマンの考えを食事にしている。

欠点は、パンケーキが1500円もする所で、量が多い食事なので、お腹いっぱいになるけど、値段は高すぎると感じる。

しかし、高級なランチ一品を食べたと思えば納得できるかもしれない。

とにかく値段が高いので、頻繁には来れないけれど、たまに来るにはいい店かもしれない。

健康志向のビジネスマンには最高の店と言える。

 

博多ラーメン、熊本ラーメン、長浜ラーメン

九州ラーメンは、微妙なご当地の違いがわかりにくい。

博多ラーメン 一蘭
博多ラーメン 一蘭

博多ラーメン、熊本ラーメン、長浜ラーメンといろいろある。

博多ラーメンが一番シンプルな九州ラーメンのイメージがある。

あまり具がないラーメン。

熊本ラーメンは麺がやや太いイメージで、煮卵やメンマ、明太子、チャーシューなど具が豊富。

熊本ラーメン 桂花
熊本ラーメン 桂花
長浜ラーメンは独特のスープとチャーシューの味つけが違う。独特の濃いチャーシューがおいしい。スープもチャーシューを生かす味付けになっている。独特の臭みがある。麺は極細。
一蘭は博多ラーメンで、こむらさき、佳華が熊本ラーメン、長浜ラーメンは長浜屋がある。
長浜ラーメン
長浜ラーメン

それぞれに良さがある。一蘭は何といってもあの辛みペーストが特徴だ。

佳華系ラーメンは、具の楽しみが大きい。具が食べたくて熊本ラーメンを食べる。

長浜ラーメンはチャーシューと高菜の魅力だろう。あの高菜のピリ辛と味付けチャーシューのバランスがいい。あの細麺に合っている。長浜ラーメンが一番替え玉をしたくなると思う。

とにかく、まだ九州ラーメンの全貌は奥が深く、わからないのが正直なところだ。

横浜そごうのカステラパンケーキをまた、食べた!

横浜そごうのカステラパンケーキをまた、食べてしまった。

カステラパンケーキ
カステラパンケーキ

横浜のパンケーキの一番好きな店です。

カステラパンケーキ
カステラパンケーキ

 

この厚さは、まるで昔のそろばんの珠のようで、断面は菱形のかたちです。

カステラパンケーキの厚さ
カステラパンケーキの厚さ

厚さが3センチはある。

しかし、フワフワで胃がもたれない。

鉄鍋で焼かれた、焼きたてで20分くらいかかる。

カステラパンケーキ
カステラパンケーキ

この色と厚みがカステラと名付ける店の自慢の所です。

 

鉄鍋
鉄鍋

あっという間に、完食です。鉄鍋フライパンもきれいで、満足に満たされます。

横浜そごうの10階で11時から営業です。カステラパンケーキは780円です。

サロン・ウフ・デ・モアと言う店です。

横浜のパンケーキの名店です。

中華そば さとうはラーメンの侍の様だ

中華そば さとうは、大船駅から5分のすっきりとした研ぎ澄まされたラーメンでまるで武士のような厳しさがあります。

中華そば さとう
中華そば さとう

東海道線と京浜東北線から行ける大船駅から5分の中華そば さとう。

休みが月曜日、火曜日の1週と3週で、11時から3時までと5時から9時までの2回営業。

10席だけのカウンター席で、650円。分かりにくい地味な店ですが、味は中毒性があります。

そうめんのようなさっぱりした味付けなのに、ラーメン好きを虜にする塩加減の繊細な味。

中華そば
中華そば

商売というより、趣味で味を追求したいおじさんのやっている店です。

職人のこだわりを感じます。

なぜかカレーもあります。

多分、スープのだしを無駄にしたくない一心でカレーに使っているのでしょう。

スープにこだわりが半端じゃありません。それだけ自信があるスープです。職人の味です。懐石料理の世界です。

美学があるラーメンです。

外見は昔ながらの見た目のラーメンですが、味のないような塩スープが日本人の感性らしい味で、研ぎ澄まされています。

京都の懐石料理に近い繊細さです。

普通のラーメンの親しみやすい味ではなく、最小限の塩で作った禅の世界の様です。

クセがないので毎日でも食べられるさっぱり感。

くどさがなく、しかしラーメンの油のコクはあるのです。

この味加減が絶妙です。

休みに注意していってみて下さい。11時から3時までが並ぶ時間が少ないと思います。

シナ竹の具もさっぱりして味付けが濃厚で、あっさりスープに足りない味を補う役割を果たしています。

NHKラジオ 「増田明美のキキスギ」が面白い

増田明美のNHKラジオのキキスギというスポーツ紹介番組が面白くてしかも為になる。

増田明美
増田明美

金曜の夜8時からのスポーツ取材番組で、東京オリンピック、パラリンピックについて、選手をゲストに迎えて増田明美が聞きすぎるぐらいの疑問をたくさん投げかける。

番組のコーナーで、ストップウォッチで制限時間を決めて、様々な素朴な疑問を選手に聞いていくコーナーがあり、選手も増田明美の早口の質問に押され気味になりながらも必死で答える様子が面白い。

増田明美は聞きたいことが山ほどあり、時間制限の中でぎりぎりまで質問しまくる。

ゲストの選手は焦りながら、必死で簡潔に答えようとして、頭を必死で回転させているその慌てぶりが面白いのだ。

最後にストップウォッチで鐘が鳴り、「今日のゲストは上手く答えてくれましたねー」と増田明美の質問に上手く答えると最後にほめて感心してくれるのだ。

ゲストも、まんざらでもない様子で、うれしさが出ているのがラジオで聞いていてもわかる。

「とても流暢に答えてくれてわかりやすかったですよー」と増田明美も関心しているのが、逆に笑えてしまう。
素人のゲストを自分のペースに巻き込む面白さがある。明石家さんまのトーク術に通じるところがある。

とにかく増田明美は番組内でほかのコーナーでも、聞いている人の疑問に感じているそのスポーツ競技のことをすべて聞いてくれるので、その競技のことが本当によくわかり、いかにその競技が特有の大変さがあることがわかる。

短い時間の中で最大限に聞いている人にその競技に興味を持ってもらおうと素朴な疑問もどんどん聞いてくれる。

しらなかった競技の内容やトレーニングの仕方、お客さんにいかに見に来てもらえるかの努力していることなど、何でも聞きだす力が凄いのだ。

増田明美のサービス精神は最高であり、しかも天然のボケを出すときもあり、笑えてしまうし、タメになる番組なのだ。

増田明美はマラソン中継の選手の細かい解説で有名だが、その細かすぎる解説のユニークさがこのラジオでも十分発揮されている。

のんびりしたスポーツ関係者が多い中で、このどん欲に聞いている人にサービス精神を感じさせる人は増田明美ただ一人だけである。

これほど時間をうまく使って最大限の努力をするスポーツ解説者はまれであり、お笑い芸人のサービス精神にも負けない根性を感じる。

サポートするNHKアナウンサーも増田明美のペースを壊さないように必死でサポートしているのが上手くいっている。

高橋源一郎の「飛ぶ教室」といラジオ番組もそうだが、聞いている人を良く考えたいるサービス精神の番組で、素人でも解るような題材を取り上げながらも、プロらしい鋭い指摘もきちんと入れてくる。

しかも2人ともキャラクターが明るいのだ。

聞いていて、笑えるしゃべりをしながらも、関心してしまうプロならではの専門知識を凄い。

この笑いと鋭い指摘ができる人は中々いないので、増田明美は本当に貴重な存在感を放っていると感じる。

NHKラジオ 高橋源一郎の飛ぶ教室が面白い

NHkラジオの金曜日10時からの「高橋源一郎の飛ぶ教室」が面白い。

高橋源一郎
高橋源一郎

高橋源一郎は昼の番組を最近までやっていたが、夜の番組になって本領発揮して面白くなってきた。

昼のNHKではバラエティーっぽく笑いがある番組だったが、夜の番組になって、文学や文化人などをゲストに迎えたり、好きな小説を解説したりしてより深い内容になった。

高橋源一郎の飛ぶ教室
高橋源一郎の飛ぶ教室

昼の時は藤井彩子アナウンサーと笑い重視の内容だった。特に面白いとは思わなかった。

今度は夜になり10時という落ち着いた時間を生かして内容がより深くなり小説の評価をしたりして面白くなった。

夜なので明るい笑いはいらなくなり、高橋源一郎が興味ある活動をしている人を呼んでその人と突っ込んだトークをしたり、好きな小説についてゲストと結構シリアスな小説の解説をしている。

毎回その小説の愛好家がゲストに招かれ、2人で解釈を議論している。それをアシスタントの小野文江が支えるという内容。

1回目が誰でも知っている太宰治の「人間失格」と夏目漱石の「こころ」で、それぞれの愛好家と高橋源一郎の解釈の違いがよくわかって面白かった。

もともと小説は人によって感じ方が違うが、わざわざ討論する機会は中々ない。

みんなに知られている小説を選び出す高橋源一郎のセンスがいいのである。2回目はバージニアウルフ署「自分一人の部屋」という女性小説家の作品だった。

70年代の名作らしいが、女性の生きざまの大変さを描いていて、小説家志望の女性の挫折の内容らしい。

知らない小説だったが、名前だけは聞いたことがあった。

解説や高橋源一郎がその小説から感銘を受けたフレーズを朗読するのだが、それがとても味があるのだ。

朗読は普通はアナウンサーがするが、小説家が朗読すると、プロとしてその小説を知り尽くした深みが感じられる。

とてもその作品が好きで、深く読んでいる解釈からくる、説得力があるのだ。

アナウンサーが読むと、きれいにわかりやすく読むが、その小説がどれだけ深い解釈をしているかは、高橋源一郎にはかなわないのである。

決して朗読のプロでなくても、知り尽くした人が読むとより深く伝わるのである。

昼の番組では笑いをとろうと高橋源一郎のエンタメ性ばかりが強調されていた。

夜10時になって落ち着いた時間帯になり、聞く方も集中して聴ける環境になった。

アシスタントの小野文江も素人らしい疑問を投げかけ、進行を必死で支えているのがいい。

高橋源一郎がよくしゃべるので、時間内で終わらせるのが大変そうで、小野文江が苦労している感じも面白い。

夜の番組らしく、やや知的な内容で、聞いていて、とても刺激になり、毎回楽しみなラジオです。

「野球狂の詩」は、水島新司の傑作漫画

「野球狂の詩」は、水島新司の野球漫画の隠れた名作です

T9784061091924vgty
野球狂の詩 水島新司

水島新司のプロ野球の漫画では、「あぶさん」もあります。が、東京メッツという架空の球団の、岩田鉄五郎というピッチャーが主役の「野球狂の詩」もかなりの傑作だと思う。

弱小球団の東京メッツに、いろんな選手をスカウトしてくる個性的選手が主役。プロ野球漫画だった。

東京メッツの選手が個性的で、美男子の国立玉一郎や、酒に酔いながらピッチングする「日の本盛」や火浦健、五利監督等、選手が個性的で面白かった。

特に後半で、女性投手の水原勇気が登場してから面白さが倍増した。武藤平吉という2軍の選手と水原勇気がドリームボールという魔球を生み出す努力の辺りからどんどん引き込まれていった。

女性投手なので体力がなかったり、ピッチャー返しの打球を逃げてしまったり、軽い球質でっ遠くに飛ぶ打球の弱点を克服するために、武藤平吉と水原が訓練してドリームボールを開発していく訓練の過程が良かった。

水原勇気が武藤を尊敬し、だんだん好きになってしまい、ちょうどその頃に武藤にトレードの話があり、広島に移籍してしまう。

水原はドリームボールを完成させる途中で武藤が移籍し、広島の敵になり、ライバルになってしまう。

水原はメッツではやはり、弱点をどんどん攻められ、プロでは通用しないところまで追い込まれる。

そこで、メッツのベテラン投手の岩田鉄五郎が武藤の夢に見ていたドリームボールを開発するのに水原と取り組むことになる。そしてアンダースローの水原の特徴を生かしたフォームと手首の強さを研究していく。そしてボーリングをすることによって手首の強化に励むのだが、メッツの監督の五利は水原と岩田鉄五郎がボーリングをして遊んでいると勘違いし、プロボーラーに転向してしまうのではと、球団オーナーと相談する。

しかし、その陰で水原と岩田はドリームボールを完成させていたのだった。

そして水原がドリームボールを1軍で披露し、活躍していく中で、広島にトレードされた武藤平吉との対決が始まるのだった。

武藤はドリームボールに打ち取られるが、それを何とか攻略しようとアッパースイングの打法になってしまい、2軍に落とされ、自由契約、つまり広島カープをクビになってしまう。

しかし、プロの世界でも誰も打てない魔球に武藤だけが必死で訓練し、ぼろぼろの状態になってやっと広島カープに戻ることができた。武藤は水原と開発しようとして途中で広島へのトレードでできなかったドリームボールを打つためだけに引退をせずに鞭打って水原とのドリームボール対決にかけていた。

 

とてもドラマチックな内容で、プロ野球の世界の厳しさを味わえた漫画だった。

武藤平吉の2軍から1軍に上がるのにドリームボールを打つためだけに努力する執念が凄い迫力で読んでいて感動した。

17巻で終わってしまった野球狂の詩だったが、その後、また続編が出来て平成版野球狂の詩が出来たが、昭和の古臭いにおいのする野球狂の詩の方が私は好きだ。

今でもドカベンに負けない傑作だと感じている。